宝塚からの風景

宝塚 十三が最近は待ってる事がある。それは、阪急電車にのりながら風景を独り言の様に実況する事である。宝塚から見える風景を実況してみる。たくさんの人が行き交う、宝塚駅駅から見える数々の建物、そして、いつもの阪急電車が到着し、私がその車両の先頭にのる。先頭車両からみる風景というのは、格別によい。向こうに見えるのは宝塚劇場そして、電車がすっくりと走り出す。次の駅は宝塚南口その前に流れる川は武庫川という。武庫川は、しずかにながれ、その上を電車が走る、川をこえると、駅が見える、駅の周辺は宝塚とは待った違った感じではああるが、ここも、落ち着いた感じでいい場所である。宝塚南口をすぎ次の駅は、逆瀬川駅 駅の横に流れるのがその逆瀬川である。逆瀬川は、武庫川とつながる支流といえる。そして、逆瀬川をすぎるとだんだん町並みもおちつき 次の小林駅へと向かう。小林って人の名前みたいだが、実はこばやしではなく おばやしなんだ。なんで尾林かと思うのであるが、阪急電車の創始者である小林惨と関係があるのだろうか。一度しらべてみるとおもしろいかもしれない。小林を駅を過ぎ次の駅は、仁川駅です。駅に到着する前に小さな池があるが弁天池という池である。