宝塚での日常

私は、30年通っている宝塚駅ちかくのオムレツ屋にかよっている。そこのチーズオムレツはなんと言うのだろうか、完璧なオムレツなのです。卵の外側はしっかり焼けているにもかかわらず、なかのチーズはとろとろ、宝塚にすんでいて、ここのオムレツを食べることが何よりも楽しみなのです。最初かよった理由は、その店のスタッフがとてもしっかりしいたからなのです。宝塚といえば、宝塚歌劇団を思い浮かべる方が、多いでしょうが、そこのオムレツ屋のスタッフは、タカラジェンヌにも劣らないくらい素敵なお嬢さんだった。私はその子のしぐさや対応が本当によかったともっている。宝塚に住んで50年となるが。そのうちの30年ははこの宝塚を愛してやまない理由は、このオムレツがたべれるからなのである。30年も通っていれば、さまざまな歴史もあった。ちょうどその子がある日から、いなくなってしまった。恐らくアルバイトだったでしょうから、大学を卒業して、それっきりやめてしまったのかどうかは定かではない。私は、性格が控え目なこともあり、その子と会話はほとんどした事が無かった、今思えばもっとお話しすれば良かったと残念である。オムレツ屋のオムレツ以外にもそこのコーヒは絶品だった。