宝塚とコーヒの歴史

宝塚とコーヒーの歴史は古く昔から営業している喫茶店は多くある。私はその中でも、コーヒーショップタカラは、オープンいらいずっと通っているお店である。タカラは自家焙煎をしており、宝塚では有名なお店で、自家焙煎ならではの香りがコーヒー好きの私にはたまらないと言える。宝塚のコーヒーショップタカラについて、調べてみた。元々は、蕎麦屋だったらしい。オーナーの宝塚おさむは、私の祖父にあたる。た宝塚おさむが、26歳のときに先代から引き継いだ蕎麦屋をやめ、コーヒーを一から勉強し、焙煎器を購入し、コーヒーを学んだコーヒーの達人である。当時コーヒーを飲む習慣が無かった時代に、コーヒーに魅了され、焙煎の研究を始めた。当時はそういった専門書もなく、さまざまな品種のコーヒ豆をしいれ、そのコーヒーの特徴をはあくし、どのブレンドが一番いいかを研究したのである。そのブレンド中でも仁川ブレンドは、特に上品な味わいで私も好んでこのブレンドを、注文する。このブレンドの特徴は、ブルーマウンテンを多く含めた、気品あるブレンドとされている。また、このブレンド豆を購入されるかたも、たくさんおられる。仁川という地名をつけたのもヒットの用意だったかもしれない。宝塚のコーヒーショップタカラの仁川ブレンンドは、この地域の特産品として、お土産としても有名となった。